So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
作家か行 ブログトップ
前の10件 | -

定年オヤジ改造計画 垣谷美雨 [作家か行]


定年オヤジ改造計画

定年オヤジ改造計画

  • 作者: 垣谷美雨
  • 出版社: 祥伝社
  • 発売日: 2018/02/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



定年を迎えた「オヤジ」にぜひ読んでもらいたい。


長年の会社務めを理由に、家庭のことはすべて妻任せ、

女は生まれつき母性を持っている、

育児も家事も、女がやるもの。

そんな、時代錯誤な常識外れ甚だしく、

しかし凝り固まった信念は、容易に揺るぐことはない。


定年退職後、そんな考えの夫が与える妻への影響を、

夫は知る由もなかった。

具合が悪いと、最低限の家事しかしなくなった妻。

明らかに避けられている。

妻の気持ちを察することなく、持論を声高々に発する夫。

娘にも、アンタ呼ばわり。

悠々自適な定年生活なはずなのに、これはどうしたことか!

同じ世代の男達の考え方も同じだ、おれは間違っていない。


そんな中、息子夫婦の孫2人の保育園送り迎えを

引き受けてしまった。

嫁が帰ってくるまで、2人の相手をしなければならない。

子供の世話など、女がするもの、

母性がない男には無理だ。

だが、子供は待ってはくれない。

やれ、おなかがすいた、おむつが汚れた、

よくわからないが泣く、容赦なく泣き叫ぶ。

だが、妻は来てくれない。

ほんの数時間の事だが、ヘトヘトになった。

どうしておれがこんな事を・・・。


同期の話、実家での兄弟の話、

はたまた近所の公園での話、保育園での話、

子供を面倒見る側から見た風景は、

今まで自分が思っていた事と全く違っていた。

育児は苦行の意味がわかった気がした。

まさしく持論は、神話でしかなかった。

自らの体験で、妻や嫁の気持ちがやっと少し理解できた。


そんなおれの息子は、

どうやらおれの考えを引き継いでいるらしい。

嫁の話を聞いていると、自分が責められている気がする。


「夫源病」

妻のストレスは、どうやら自分のせいらしい。


夫婦の危機に陥らせないためにも、

息子にも育児の大変さを、相手を思いやる気持ちを、

立場は同等だということを、

教えなければ・・・。






nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:

嫁をやめる日 垣谷美雨 [作家か行]


嫁をやめる日

嫁をやめる日

  • 作者: 垣谷 美雨
  • 出版社: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: 単行本



突然の夫の死。

残された妻は、どうすべきか。


夫の両親が、執拗に嫁としての立場を強要する。

笑顔の裏にある思惑は、

将来、自分たちの面倒を、更には引きこもりの娘の面倒を

みてもらうためだけ。

田舎暮らしの行き届いた監視の目が、光る。

合鍵で、勝手に家に入り込む姑。

いつしか、息が詰まりそうになってきた。



昔から手のかからない聞き分けの良いいい子。

甘え上手な妹ばかりかまわれて、

母からの、「お姉ちゃんなんだから!」の言葉。

自分の気持ちを押し込め、何でも言うとおりにしてきた。


親族問題に悩んでいると、

父から言われた言葉。

「夏葉子は、つぶしてもいい人間なんだよ。」

優しい、断れない、何でもやってくれる、

言いくるめられる存在。

残酷な言葉だが、実際、ずるい人間と、

損をする人間はいる。


嫁を辞める方法。

「姻族関係終了届」を役所に提出すれば済むらしい。


父と共に、舅姑と話し合う為に、夫の実家を訪れる。


決して、相手を非難してはいけない。

自分がどう感じたか、どんな嫌な思いをしてきたか、

何が悲しかったかを、

相手のテリトリーには入らずに、

自分だけの世界で話す。


父からの助言を胸に、

いざ!!






nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:

去就: 隠蔽捜査6 今野敏 [作家か行]


去就: 隠蔽捜査6

去就: 隠蔽捜査6

  • 作者: 今野 敏
  • 出版社: 新潮社
  • 発売日: 2016/07/29
  • メディア: 単行本



大好評の「隠蔽捜査」シリーズ。
爽快な小説です。


竜崎の行く道は、常に自分の信念に基づく。

相変わらずの、竹を割ったような性格は、
警察社会でも変人扱いされ、
縦社会の慣例を重んじる日本の組織としては、
面白く思わない者も多く、敵は多い。

しかし、一貫している竜崎の性格を理解し、
ついて行く者も、少なからずいる。

かつて、警察庁長官官房の総務課長だった竜崎。
身内の不祥事で降格。
異動先の大森署の署長となっている。

しかし、どこにいても、
やるべきことを全うするのみ。
その精神は、揺るぐことはない。

今回も、組織としての立場より、
最善を一番に考え、責任を持って指示、行動する。
指揮系統の問題があったものの、
全体を見た時、それは然り、不問となる。

一方、家庭での娘の問題は、
竜崎なりに、解決に導こうと頑張る。
デリケートな件でも、妻が上手く立ち回るお陰もあり、
良い方向に行きそうだ。





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

私のことはほっといてください 北大路公子 [作家か行]


私のことはほっといてください (PHP文芸文庫)

私のことはほっといてください (PHP文芸文庫)

  • 作者: 北大路 公子
  • 出版社: PHP研究所
  • 発売日: 2017/07/11
  • メディア: 文庫



北大路公子氏のエッセイ、

今回も大いに笑わせていただきましたヾ(@^▽^@)ノ


世の中の疑問、不思議な事、

ほんのちょっとした事でも、大きく話が膨らみ、

瞬く間に、キミコワールドへ誘う。


脱線して、遠くの世界へ何度も行きながらも、

自らのツッコミにより、舞い戻りくる様は、

毎回、お見事で、( ̄▽ ̄) ニヤリが止まらない。


「せっかくだから教」は、大いに頷いた。ヾ(^▽^*

究極の言い訳 「せっかくだから・・」

ちょっと恥ずかしい事でも 「せっかくだから・・・」

ちょっと迷った時も 「せっかくだから・・・」

使ってるなー自分。(゜×゜*)


どうしたら、そんな考えが浮かぶのか、

全ての物が擬人化されていく様は、

その物に対して、愛を感じる程です。


あっぱれでございます(*^。^*)




nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

ジャッジメント 小林由香 [作家か行]


ジャッジメント

ジャッジメント

  • 作者: 小林 由香
  • 出版社: 双葉社
  • 発売日: 2016/06/21
  • メディア: 単行本



第33回小説推理新人賞受賞、話題の小説です。


「復讐法」
治安の維持と公平性を重視した新しい法律。

犯罪者から受けた被害内容と同じ事を
合法的に刑罰として執行できる。

ただし、復讐を選んだ場合、その者が自らの手で
刑を執行しなければならない。

遺族の報復心。

果たして真の救いとなるのか。


家族を突然理不尽な犯行で殺害される。

犯人への怒りと憎しみは計り知れない。

心神喪失で刑を免れる事への鬱積、やるせなさは、
現在の法律への警鐘ではないだろうか。

合法的に復讐し、死に至らしめる。

刑を執行する側の精神的疲弊は最たるものであり、
身を滅ぼしかねない。

監視する側も、また然り、酷である。

すべて執行者の意思によって行われる。







nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

陽だまりの彼女 越谷オサム [作家か行]


陽だまりの彼女 (新潮文庫)

陽だまりの彼女 (新潮文庫)

  • 作者: 越谷 オサム
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫



映画にもなり、かなり前に話題になった恋愛小説です。

衝撃のラストです。



浩介が真緒と再会したのは、

偶然ではなかった。


中学の同級生だった二人は、

仕事先で、再会し、

徐々にお互いの距離を縮めていく。


真緒には謎の出生の秘密があった。

里親である両親も、いつもどこかしら

不安定さを、真緒に感じていた。


やがて二人は結婚し、幸せな毎日を送っていた。

この生活が、ずっと続いていくと、思っていた。


月日と共に、変化していく真緒の体調。

医者は、何の病気もないという。


そして、ある日。

真緒は、姿を消した。



残された浩介は、悲しみに打ちひしがれる。


そんな浩介の元にやってきたのは・・・。











nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

絵本 むかし話ですよ 五味太郎 [作家か行]

絵本 むかし話ですよ
作: 五味太郎
出版社: 方丈社
価格: ¥ 1,728
発売日: 2017/05/22
発売日: 2017/05/22


ブラックな五味さん。

大人の絵本です。

子ども絵本で、いつも楽しませてくれる五味さん。

科学的な面からも、大変勉強になる本もあります。


が、


なんという事でしょう。


「三匹の豚」

2匹は狼にムシャムシャ食べられ、

残りの1匹は、餓死。

・・・狼いわく 「喰えねえ話だ・・・」

( ̄□ ̄;)!!


他、有名どころの昔話が、

現代版といいますか、シュールな感覚といいますか・・・

白黒づくりが、d(-_☆) good

ダークな、それでいてどこか冷めている独特な絵本です。




nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

あなたのゼイ肉、落とします 垣谷美雨 [作家か行]

あなたのゼイ肉、落とします
著者: 垣谷美雨
出版社: 双葉社
価格: ¥ 1,620
発売日: 2016/10/19


今回、出てくる大庭小萬里は、
あなたの人生、片づけます 」に出てきた
大庭十萬里の妹だったー。

前作」同様、

体のぜい肉、

だけではなく心のぜい肉も・・・。


気持ちの在り方一つで、

次第に体も変化する。


相手に対する態度を変えてみたり、

打ち込める目標に向かって頑張ってみたり、

過去からの脱却だったり・・・。


小萬里さんのダイエット本がきっかけで、

アドバイスを受けた後、

不思議と、気分もすっきりダイエット。









nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

イノセントブルー記憶の旅人 神永学 [作家か行]

イノセントブルー 記憶の旅人
著者: 神永学
集英社: 集英社
価格: ¥ 1,404
発売日: 2013/01/25


神永氏の小説を初めて読みました。
「心霊探偵シリーズ」など
若い人に人気がある作家さんだと思います。


前世と現世。

前世で出会い、
強い繋がりによって、
現世で再び、引き寄せあう。

記憶を引き出し、
因果を問う。

探し求めている者の為に見る様々な前世は、
皆、悲痛に満ちていて、
無念ゆえに、現世への命の繋がりとなる。

しかし、過去にとらわれず、
現世を生きることが、
次に進む道になる。






nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

農ガール、農ライフ 垣谷美雨 [作家か行]

農ガール、農ライフ
著者: 垣谷美雨
出版社: 祥伝社
価格: ¥ 1,620
発売日: 2016/09/13


生活を百八十度変える。

やる気、勇気、元気を武器に、
いざ、農業女子へ!


32歳、派遣切りにあったその日に、
同棲中の彼から別れを告げられ、
前途多難に陥る久美子。

身内も亡くなり、頼る場所もない。

ヤケ酒を飲みながら見ていたテレビに、
若い女性の農業姿。

「これだ」

昔の知り合いを辿り、
何とか住まいを借り、農業大学校へ通う。
野菜作りを勉強し、いざ農業!!

しかし、女一人。
どこの馬の骨かわからないものに
誰も農地を貸してくれない。

・・・・。

壁に何度もぶち当たり、
何度も挫け、落ち込んだ。
でも、どん底から這い上がれたのは、
周りの人たちのおかげだった。

真剣に、真面目に働く姿は、
やがて信用となり、
人が集まってくる。

人生、捨てたもんじゃない。




nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 作家か行 ブログトップ