So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

月の満ち欠け 佐藤正午 [作家さ行]


月の満ち欠け

月の満ち欠け

  • 作者: 佐藤 正午
  • 出版社: 岩波書店
  • 発売日: 2017/04/06
  • メディア: 単行本



第157回直木賞受賞作。

ファンタジーとも違い、

不思議な出来事を、現実視していく過程が、

とても力強く描かれていて、

作者の思い入れが深く伝わってきます。




科学では証明できない出来事が、

真実味を持って、目の前に現れる。


理性と空想、真実と妄想、

心の目で、見極めた時、

確信する。

この子は、あの人の記憶を持つ、

あの人の生まれ変わりなのだと。


幾重にも繰り返される魂の継承。

愛する人に再び逢う為に。

「瑠璃」と名付けよとのお告げから、

その子の数奇な運命が始まる。


不慮の事故、理解しがたい事件、

これまでに2人が、この世を去った。

それでも、諦めなかった。

アキヒコさんに逢うまで、

自らの魂を、生まれ変わらせる。

そして、三度目・・・。



「瑠璃も玻璃も照らせば光る」

格言と共に・・。


nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 18

コメント 2

U3

昨年読みました。
by U3 (2018-06-01 11:09) 

pon

現実と非現実の狭間の空気感が、妙にリアルでした
by pon (2018-06-05 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。