So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

イノセントブルー記憶の旅人 神永学 [作家か行]

イノセントブルー 記憶の旅人
著者: 神永学
集英社: 集英社
価格: ¥ 1,404
発売日: 2013/01/25


神永氏の小説を初めて読みました。
「心霊探偵シリーズ」など
若い人に人気がある作家さんだと思います。


前世と現世。

前世で出会い
強い繋がりによって、
現世で再び、引き寄せあう。

記憶を引き出し
因果を問う。

探し求めている者の為に見る様々な前世は、
皆、悲痛に満ちていて、
無念ゆえに、現世への命の繋がりとなる。

しかし、過去にとらわれず、
現世を生きることが、
次に進む道になる。






nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ハシビロコウのはっちゃん よしだあつこ [絵本・児童書]

ハシビロコウのはっちゃん (ひまわりえほんシリーズ)
作: よしだあつこ
絵: マツダユカ
出版社: 鈴木出版
価格: ¥ 1,404
発売日: 2016/08/27


最近、大注目の生き物「ハシビロコウ」

大きな体で、ゆーっくり動く鳥。

でも、狙いを定めると・・・・

・・・すごいんです!!

実は、ド迫力なんです。



ハシビロコウのはっちゃん、

クールで、カッコイイ!

とてもユーモラスだけど、

何よりも強く、たくましい。


作者のハシビロコウへの愛を感じます(*^^*)



ヨーレのクマー 宮部みゆき [絵本・児童書]

ヨーレのクマー
作: 宮部みゆき
絵: 佐竹美保
出版社: KADOKAWA
価格: ¥ 1,620
発売日: 2016/11/21


宮部みゆきさんの「悲嘆の門」の作中作の絵本です。

切なく、悲しい結末に、
思わず、どこかに救いがないか読み返してしまいました。



クマーは、体が透明なかいじゅうです。

山を守り続け、悪いかいじゅうを追い払ってきました。

ある時、悪いトカゲを追い払ったとき、
大事なつのにけがを負ってしまいました。

それから、体が透明ではなくなり・・・


人々は、クマーを怖がりました。

見た目が、悪いかいじゅうと同じなのです。

悲しいかな、水の底へクマーは沈んでいきます。


本当のクマーの事は、

誰も知らないままです・・・・。



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

変身 東野圭吾 [作家は行]

変身 (講談社文庫)
著者: 東野圭吾
出版社: 講談社
価格: ¥ 659
発売日: 1994/06/06


かなり前の東野さんの作品です。
読みやすいので、旅のお供に最適です。


平凡で優しい性格の成瀬純一が、
ある日、強盗から女の子を守り、頭に銃弾を受けた。

助かる見込みがない中、
脳の一部移植が行われ、九死に一生を得る。

順調に回復していくと誰もが思っていた。

しかし、徐々に自分が自分でなくなっていく感覚に、戸惑う。
優しかった純一が、狂暴になっていく様子を、
恋人である恵は、信じたくなかった。

このまま、移植された脳に支配されていくのか・・

移植された脳は、誰のものだったのか。

自分はこの先、どうすればいいのか。



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

青森県立美術館 [日記]

先週、息子が住む弘前へ行ってきました。

今回は、「津軽フリーパス」を使い、青森県立美術館
太宰治記念館「斜陽館」、そして岩木山神社に行ってきました。


青森県立美術館は、何度か行っているのですが、
今回、シャガールのバレエ「アレコ」の背景画全4作品が
揃ったとのことで、勇んで観に行きました。

第1.2.4幕は美術館所蔵なのですが、
第3幕が、フィラデルフィア美術館から借用展示されています。
幅15mの巨大な画が、ホール4面に展示されている姿は壮観です。
中心の椅子に座り、順に見渡していると、
しばらく時を忘れます。

奈良美智さんの作品も、今回の楽しみでした。
有名な8.5mもある巨大な「あおもり犬」に、
更に屋外の六角堂に出来た「森の子」
屋内にもたくさんの作品があり、大いに魅了されました(*^^*)

012 (225x300).jpg
「あおもり犬」奈良美智

007 (225x300).jpg
「森の子」奈良美智




nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

すきになったら ヒグチユウコ [絵本・児童書]

すきになったら
作: ヒグチユウコ
出版社: ブロンズ新社
価格: ¥ 1,512
発売日: 2016/09/14


せかいいちのねこ」や「ふたりのねこ」など
個性的な画と世界観が素敵なヒグチさん。

素直な「好き」を、表現しています。

豊かなワニの表情が、無言であっても、
雰囲気に味を添えています。

今回は、比較的普通かなと思いきや、
最後に、ヒグチさんワールドが。(*^.^*)



nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 村上春樹 [作家ま行]

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
著者: 村上春樹
出版社: 新潮社
価格: ¥ 1,944
発売日: 2017/02/24
発売日: 2017/02/24


「騎士団長殺し」の画が導き出した世界の環.

死期が迫る作者・雨田具彦の無念を解消させようと
操られるがごとく、その環に巻き込まれる。

画を媒介に次々に現れるメタファーなるもの。

光は影、影は光

無と有の境界で、見たものとは・・・・


現実に、もう一つの世界は、
繋がりあい、不確かな、しかし強固な感覚を運んでくる。

自分の中で、信じ続けられるのなら、
それは確かな事なのである。



「1Q84」を思い出しました。
世界観に通じるものがあって、
独特なワールドに引き込まれます。
現実の世界のリアルさと、非現実的な世界が、
立体と平面のようで、相反するものとして捉えられる反面、
日常に必然的に取り込まれていく様で、
その境目が凄いと思いました。








nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 村上春樹 [作家ま行]

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
著者: 村上春樹
出版社: 新潮社
価格: ¥ 1,944
発売日: 2017/02/24


村上春樹氏の最新作。

「時間を自分の側につけなければならない。」

これまで描いてきた肖像画への気持ち。
突然告げられた妻からの別れ。

歯車がどこかで狂い、
あるべき道が目の前から消えた。

ひとり旅に出る。

頭から離れない「白いスバル・フォレスターの男」

愛車のプジョーが自分の代わりに死んだ。


その後、旧友である雨田政彦の父具彦の家に
住むことになる。

高名な日本画家である雨田具彦。

屋根裏から出てきた一枚の絵画

タイトル 「騎士団長殺し」



一人豪邸に住む「免色」という男からの肖像画の依頼。

何かに導かれるように、起こる奇怪な事象。

深夜の鈴の音。

根源を突き止めるも、
謎のイデア、騎士団長と名乗る
不可思議なものの出現。

底の知れない男「メンシキ」の画を書き進めるうちに、
今までにない程のあふれ出る衝動に突き動かされ、
一心不乱に描き上げた肖像画は、
何物にも代えがたいものになった。

内なる声、奥深く渦巻くものは、
自らの衝動によって、被写体と同化する。


メンシキの次なる依頼。
自分が足を踏み入れてよいのか。

しかし、描きたい気持ちには抗えなかった。

ある少女の肖像画を描き始める・・・・。



静寂の中に、自分の考えを超える出来事。

一人考え、物事を組み立て、検証するも、
全ては自らの範囲を超えたところにある。

受け入れ、再び静謐さを取り戻すことは、
並大抵の事ではないだろう。



「時間を、味方につけなくてはならない。」




nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

あの頃トン子と 城 明 [作家さ行]

あの頃トン子と
著者: 城 明
出版社: 講談社
価格: ¥ 1,620
発売日: 2017/01/18


かなり、あんまりだ。

文章の在り方は、置いておいて・・・。
久々に愕然としてしまう話を読みました。

・・人情的に、いかがなものか。


養豚を営む洋一が、
子豚にトン子と名付けて芸を教えた。
面白がった幼馴染のマナブが、
指導に夢中になってしまい、
トン子は、色々芸を覚え、
「トンコ」「エサ」という言葉も発するようになった。

優秀なトン子は、有名になり、
テレビで紹介されると、人気急上昇。
東京で、活動するまでに・・。
しかし、無理をし続けたトン子は、ついに!

その後、田舎に戻り、普通の豚と同じように育て・・・・

?!?!?!





えええ。
放っりっぱなしかい。

トン子が可哀想過ぎる。


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

羊と鋼の森 宮下奈都 [作家ま行]

羊と鋼の森
著者: 宮下奈都
出版社: 文藝春秋
価格: ¥ 1,620
発売日: 2015/09/11


2016年本屋大賞受賞作品。

情景が目の前に浮かび上がる感覚で
物語に引き込まれます。


森の静謐さと生命の息吹、自然の力強さ、
研ぎ澄まされた音・・・。

音は、自然との対話・・・

森の中にいると、自由を感じる。

ある日、学校のピアノに調律師を案内した事がきっかけで、
平凡な僕に、未来への希望が見えた。

その調律師は、素晴らしかった。
いつか、いつか僕も、その音を作りたい。

調律師養成の学校で勉強をし、
あこがれの調律師である板鳥氏のいる江藤楽器就職した。

先輩の柳さんに付いて、調律を学ぶ。
様々な試練、挫折を繰り返す。

どうしたら上手くできるのだろう。

ある双子の女子高生のピアノの調律が、
後の僕の進むべく道を教えてくれた。

ピアノの個性を見つめ、
弾く人の特性を考慮し、
能力を発揮できるように、音を作り出す。


音は、奏でる者の心を浮かび上がらせる。




ピアノ演奏の素晴らしさを支える調律師。
音に対して、これほどまでに深く関わりあっているとは、
正直、知りませんでした。
私も、昔ピアノを習っていましたが、
ピアノに対しての強い思い入れはありませんでした。
何十年も調律されていない実家のピアノが
かわいそうになりました。(--,)





nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: