So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
エッセイ・ルポルタージュ ブログトップ
前の10件 | -

マリコ炎上 林真理子 [エッセイ・ルポルタージュ]

マリコ、炎上マリコ、炎上
林 真理子

by G-Tools


今やネットで思う存分叩かれる時代。

負けじと思うがままに語る。

でも、少し控えめ?!


いつものゴージャス感も垣間見れる

楽しいエッセイ集。


社会への疑問、様々な事件の異様さ、

現代の変容に目を向けながらも、

日常の細かな心の動きを描く。






nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

倒れるときは、前のめり 有川浩 [エッセイ・ルポルタージュ]

倒れるときは前のめり
著者: 有川浩
出版社: KADOKAWA/角川書店
価格: ¥ 1,512
発売日: 2016/01/27


図書館戦争」や「植物図鑑」で有名な有川さんの初エッセイ集です。

竹を割ったような性格であり、
サバサバ感は、頼もしく、
女性でありながら、女性受けしそうな有川さん。

でも、恋愛小説の中は、乙女であり、女らしい。
その中で、媚びない強さを感じさせるのは、
本人の意識の世界なのかもしれない。

故郷の高知を愛し、
トイレの悪評高々に、改善を求めたり、
己の信念を貫き通す。

興味のないことは、
素直に気分が乗らないようである。


人間らしく、かっこよく、爽快感がある。
有川さんの小説は、ほとんど読んでいます。

新刊、期待しています!





nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

石の裏にも三年 北大路公子 [エッセイ・ルポルタージュ]

石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常 (集英社文庫)
著者: 北大路公子
出版社: 集英社
価格: ¥ 648
発売日: 2015/06/25


札幌市在住の北大路さんのエッセイ。

相変わらず、飲み会大好き。

父、母も、負けずに面白い。


今年もやってきた冬、

雪が積もる外を睨みつつ、

雪かきに勤しむ。


ああ、また冬が来た。

ああ、あっという間にまた冬。。。


北大路さんの、冬に対する嫌悪感が見事に伝わりますw


ご当地座談会が、最後に載っています。

道内の豪華な作家さんの集まりです。

桜木紫乃さん、小路幸也さん、乾ルカさん、

そして北大路公子さん。

なんとも言えない空気感。

北海道は、広いですからね、

そう簡単に、まとまらないですねw

ローカル感がじわーっと出てます。



nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

うちの犬(ムク)、知りませんか? たかぎなおこ [エッセイ・ルポルタージュ]

うちの犬(ムク)、知りませんか?
著者: たかぎなおこ
出版社: 文藝春秋
価格: ¥ 1,188
発売日: 2012/10


イラストレーターのたかぎなおこさんのコミックエッセイ。


愛犬ムクとの出会いから、別れまで、

気性の荒いムクですが、たかぎ一家のマイペース感に、

とても合っていたのか、幸せそうに描かれています。

捨てられていた野良時代からの野生スピリットは、

みんなに元気を与えていました。


小学生だったなおこさんも、

やがて大人になり、実家を離れます。

そして念願のイラストの仕事をするようになります。

いつも、ムクを思う気持ちは強く、

実家に帰る度に、英気を養っているのでした。


そんなムクも、老犬となり、別れの時がやってきます。


明るいイラストで、エピソードを語ってくれるたかぎさん。

でも、最後は、泣けました。。



nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ゆるい生活 群ようこ [エッセイ・ルポルタージュ]

ゆるい生活
著者: 群ようこ
出版社: 朝日新聞出版
価格: ¥ 1,512
発売日: 2015/01/20


群ようこさんのエッセイです。

「ゆるい生活」・・・とありますが、

身体の為に数々の漢方薬、

リンパマッサージ、甘いもの制限などなど、

とてもとても頑張ってらっしゃいます。。


疲れた体を見直すと共に、

体にとって本当に良い状態を確立することで、

毎日の生活を気分よく、より良いものに変えていく。


体に水分を貯めこんでいたという群さん。

舌に歯型が付いていると、水分過多なのだそう。

まさに、私もそう。(-_-;)

水分取り過ぎなのか。。


良い漢方の先生に長くみてもらって、

続けることが大事ですよね・・・。


漢方かー。

甘いもの。。。ううう、ヤメラ・・リルレロ。



なんだかんだと、不調が表れる今日この頃。

しっかり身体と向き合い、

何が良いか悪いか考える時期なのかもしれない。



まずは、規則正しい生活かな。(゜∇゜ ;)エッ!?そこから?




nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

苦手図鑑 北大路公子 [エッセイ・ルポルタージュ]

苦手図鑑 (単行本)
著者: 北大路公子
出版社: 角川書店
価格: ¥ 1,404
発売日: 2013/08/29


自堕落的な酒浸りの生活を、

自他ともに認め、そんな自分を、

こよなく愛する。


妄想の世界に思いを馳せ、

空想の未来を思い描く。


時には、哲学的に。

時には、破壊的に。


流れに身を任せて、世の中を漂う。

気になった事の意味を、

瞬時に、脳内で、考え巡らせ、

繰り広げられる独自の世界観に、

思わず、笑みが・・・。


公子さんワールド、全開です。



nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

悶絶スパイラル 三浦しをん [エッセイ・ルポルタージュ]

悶絶スパイラル (新潮文庫)
著者: 三浦しをん
出版社: 新潮社
メーカー: 新潮社
価格: ¥ 637
発売日: 2012/08/27


エッセイ連載シリーズの4冊目。

この本が最終です。

前回、「桃色トワイライト (新潮文庫)」を読みましたが、

こちらも、負けず劣らずぶっ飛んでいます。

最後に、イラストを描かれた松苗あけみさんも書かれてますが、

とにかく、本人はさることながら、

家族、周りの人々のキャラが、個性的過ぎです。

どこまでも、脳内の世界か広がり続け、

話題に事欠かない様は、とても濃いです。

そんな世界もあるのねーと、感心してしまいました。


真っ直ぐな小説が多い三浦さん。

性格は、とても弾けています。(*^▽^*)


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

テルマエ戦記 ヤマザキマリ [エッセイ・ルポルタージュ]

テルマエ戦記
著者: ヤマザキマリ
出版社: エンターブレイン
価格: ¥ 799
発売日: 2012/04/20


人気コミック「テルマエ・ロマエ」の作者である

ヤマザキさんのブログ日記。


古代ローマをこよなく愛し、

自分流を貫き通し大成した経緯。


イタリア人の夫やその家族、

全く異なる文化や慣習に、翻弄されながらも、

時には、苦しみ、しかし、

それを楽しみに変えていくことのできる力を持つ。


繊細な日常の感情をも、正直に書かれています。



nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

つやつやごはん 赤瀬川原平ほか38名 [エッセイ・ルポルタージュ]

つやつや、ごはん (おいしい文藝)
著者: 赤瀬川原平ほか
出版社: 河出書房新社
価格: ¥ 1,728
発売日: 2014/09/24


ごはんにまつわるエッセイ集。

様々な世代の語りが、

それぞれの時代背景を感じさせます。


今を活躍する作家さんや、戦前戦後を生き抜いた作家さん、

楽しい思い出だったり、辛い話たったり・・。


日本の最たる主食である「ごはん」

無くてはならない存在です。


人々の命を繋いできた「ごはん」は、

これからも、すっと愛され続ける存在として、

その地位を保ち続けるのでしょう。


ありがたいことです。

感謝。(^人^)感謝♪



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

三谷幸喜のありふれた生活 12 とび 三谷幸喜 [エッセイ・ルポルタージュ]

三谷幸喜のありふれた生活 12 とび
著者: 三谷幸喜
出版社: 朝日新聞出版
価格: ¥ 1,188
発売日: 2014/04/08


三谷氏のエッセイ。

2000年から朝日新聞に連載されていて、

今回の単行本で12冊目。

日記調で、日常が語られていて面白いです。

映画「清州会議」のエピソードなども盛り込まれています。


今回の「とび」とは、三谷氏の犬(ラブラドールレトリバー)。

愛犬と飼い主である三谷氏の信頼関係が、

ひしひしと伝わってきます。

とびの偉大さ、賢さ、そして優しさ、

思わず涙してしまいました。

ぽっかり空いてしまった心の穴。

リードの先には、もう・・。


新たなる出会い。

とびの思い出と共に、

やんちゃな2匹との生活が、

始まっています。





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - エッセイ・ルポルタージュ ブログトップ