So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
絵本・児童書 ブログトップ
前の10件 | -

すきになったら ヒグチユウコ [絵本・児童書]

すきになったら
作: ヒグチユウコ
出版社: ブロンズ新社
価格: ¥ 1,512
発売日: 2016/09/14


せかいいちのねこ」や「ふたりのねこ」など
個性的な画と世界観が素敵なヒグチさん。

素直な「好き」を、表現しています。

豊かなワニの表情が、無言であっても、
雰囲気に味を添えています。

今回は、比較的普通かなと思いきや、
最後に、ヒグチさんワールドが。(*^.^*)



nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

つまんない つまんない ヨシタケシンスケ [絵本・児童書]

つまんない つまんない
作: ヨシタケシンスケ
出版社: 白泉社
価格: ¥ 1,404
発売日: 2017/05/17


単行本は5月17日発売です。
今回、雑誌MOE4月号付録で読みました(*^.^*)

ヨシタケさんのもしもワールドに、
またしてもどっぷり浸かってしまいました。



子どもが感じる「つまんない」の気持ち。

大人は、「つまんない」って思わないのかな・・。

何がつまらなくて、どうすればつまらなくなくなるのかな。

色々、考えて、試して、見て、聞いてみた。


つまんないことを考えている時、

・・・・あれ、ちょっと面白いかも。






nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

昔話法廷 NHK Eテレ「昔話法廷」制作班/編 [絵本・児童書]

昔話法廷
編: NHK Eテレ「昔話法廷」制作班
原作: 今井雅子
出版社: 金の星社
価格: ¥ 1,404
発売日: 2016/08/27


以前NHK Eテレで放送された「昔話法廷」が書籍化。

昔話として名高い「三匹のこぶた」「カチカチ山」
そして「白雪姫
この3件の裁判の様子が描かれています。

三匹のこぶた。
この事件の被告人は三男ブタのトン三郎だ。
オオカミ死亡は、殺人罪にあたるのか、
それとも正当防衛が認められるのか。



裁判員の立場から、法廷が語られます。
子どもの読み物で片付けられない
複雑な問題に発展しています。
視点を変えて、読んでみてください。(^。^;)


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

オオカミがキケンってほんとうですか? せき ゆうこ [絵本・児童書]

オオカミがキケンってほんとうですか? (PHPわたしのえほん)
作絵: せきゆうこ
出版社: PHP研究所
価格: ¥ 1,404
発売日: 2016/03/04


驚きの絵本です。
2度、ビックリします。傑作です。

かわいいヒツジが、
オオカミ、キケン」の張り紙を見て、
メモを片手に、街の住民に話を聞きにまわります。

散々な言われようで、
なんでもかんでも、悪いことはオオカミのせいに。

オオカミは、嫌われてる
のか・・・

ヒツジは、お母さんの待つおうちに帰ります。

「おかあさんただいま」

「おかえり」

台所に立つ姿は・・・


なんと、オオカミ!!!

あ、ヒツジが危険!!!


と思いきや

ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!



オオカミは怖い動物。

それはね、坊やを大きくするために
とても大切なことなのよ。


ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!



読んでみてください、ぜひ!
nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ぶたばあちゃん マーガレット・ワイルド [絵本・児童書]

ぶたばあちゃん
作: マーガレット・ワイルド
絵: ロン・ブルックス
訳: 今村葦子
出版社: あすなろ書房
価格: ¥ 1,620
発売日: 1995/10


生きるために大切な事を、
やがて必ず来る別れの前に、
おばあちゃんが孫に生活を通して教えます。
何度読んでも、涙が出ます。


いつも一緒の生活、
当たり前と思っていた。

ある日、おばあちゃんは食欲がなくなり、
寝込むようになった。
少し疲れたようです。

少し体調が良い日、
外に出るおばあちゃん。
図書館に借りていた本を返し、
諸々の支払いを済ませ、
通帳からお金をおろし・・・。

孫と一緒に散歩に出かけ、
自然の素晴らしさに目を細め、佇む。


もう、大丈夫だね・・・。



・・・嫌いだったとうもろこしとオート麦、
食べれるようになったよ。

大丈夫だよ、

おばあちゃん。



nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

きいのいえで 種村有希子 [絵本・児童書]

きいのいえで (講談社の創作絵本)
作: 種村有希子
出版社: 講談社
価格: ¥ 1,404
発売日: 2013/05/24


とても優しい雰囲気で、心が和みます。

子どもたちだけで展開される日常は、
知らず知らずに、相手の心を動かし、
いつの間にか、平常心に戻った時、
怒っていたことさえ忘れてしまっているくらいの威力があります。


おかあさんに叱られたきいちゃんが泣いています。
どうやら家出をするようです。
これは、双子の姉妹であるわたしの出番。

「おかしたべていったら。」

何気ない声かけで、
何度も立ち止まるきいちゃん。

面白いテレビを一緒に観たり、
気分は、もう違う方向へ向いている。



姉妹の役割が、性格の違いで分かれ、
お互いに良い関係になっているよう。

素敵です。(*^.^*)



nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ボタンちゃん 小川洋子 [絵本・児童書]

ボタンちゃん (PHPわたしのえほん)
作: 小川洋子
絵: 岡田千晶
出版社: PHP研究所
価格: ¥ 1,404
発売日: 2015/11/12


小川洋子さん初の絵本です。

日常の片隅にひっそりと起こっている出来事を、
何気なく、違う目線で語る。

子供の成長と共に、流れてきた時間を、
振り返り、あたたかな気持ちになる。

そんな絵本です。


アンナちゃんのブラウスについているボタンちゃん。
ある日、糸が切れて転がってしまいました。

辿り着いた場所は、おもちゃ箱の裏側。
そこから、泣き声が聞こえます。

昔、遊んでいたガラガラ、
くしゃくしゃになったよだれかけ
ほこりだらけのくまぬいぐるみ

その後、ママに見つけられ・・・・。

みんな、アンナちゃんの成長と無事を
祈っています。



nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

てんしさまがおりてくる 五味太郎 [絵本・児童書]



五味さんが、神様と人間の中間として、
注目した存在である天使。

クリスマスイブ、てんしさまが地上に降りてきて、
ふくろうをきよめます。

清められたふくろうは、きつねをきよめます。
(これはきよめがいがあります)w

次々に、きよめられていく動物たち。

最後に、きよめられたのは、サンタさん。


とても、可愛らしい絵本です。
心安らぎたい大人が読むのに、良い絵本です。

五味さんの描く愛らしいとぼけた動物たちと、
そのつぶやきに、思わずクスッ。
笑顔になれます。




nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ハルとカナ ひこ・田中 [絵本・児童書]

ハルとカナ
作: ひこ・田中
絵: ヨシタケシンスケ
出版社: 講談社
価格: ¥ 1,404
発売日: 2016/08/25


小学2年生のハルとカナ。

マイペースで、なんでもどうしてだろう・・と
考えてしまうハル。

はっきりしていて、大人みたいなカナ。

学校で、ひとりでいたハルに、
幼馴染のユズが声をかけてきた。

「ぼくは、勇気がない」とハルが言うと、
ユズと一緒にいたカナは、
「勇気がないっていえるハルくんって、勇気があると思う」
と言ってくれた。

男の子は男の子で固まり、
女の子は女の子で固まる

どうしてなんだろう。。

いつしか、ハルは、カナをよく見るようになった。

あ、目があった。


うるさい男子、静かな男子。

ハルは静かな男子。

気付いたらハルのこと、考えてた。




なんだろう・・

この気持ち。



小さな心のおはなし。
ヨシタケさんの絵が、
物語によくあっています。
子ども目線で、周りを見ると、
時間がゆっくり流れるように感じます。



nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

世界は気になることばかり 五味太郎 [絵本・児童書]

世界は気になることばかり
作: 五味太郎
出版社: 偕成社
価格: ¥ 1,296
発売日: 2011/06/03


ぼくはみつけてしまった

世の中には、まだまだ知られていないことが
たくさんあることを。

一度気付くと、たくさんの疑問もわいてくる。

世の中を、隅から隅までみてみよう

なにか興味のある事象に、出会えるかも。

想像力を働かせて、観察したことを楽しもう。

みんなと共有しても良いし、
自分だけの秘密にしても良いと思う。


nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 絵本・児童書 ブログトップ