So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
作家な行 ブログトップ
前の10件 | -

小野寺の弟・小野寺の姉 西田征史 [作家な行]

小野寺の弟・小野寺の姉 (幻冬舎文庫)
著者: 西田征史
出版社: 幻冬舎
価格: ¥ 583
発売日: 2014/09/26


2014年に映画にもなった作品。
姉に片桐はいりさん、弟に向井理さん。
映画は見ていないのですが、
お二人の様子を思い浮かべながら、
読み進めていくと、より楽しいです。
ピッタリの役だと思います。


姉・より子、弟・進、二人暮らし。
しっかり者のより子と、少しシャイな進。

言いたいことを言い合い、
時にはぶつかり合うこともあるけれど、
お互いを心の底では、思いやり、
良い温度で暮らしている。

何かと一歩を踏み出せない進に、
何とかしてやりたいより子なのだが、
そううまくは行かず。

進は、昔いたずらが過ぎて、
姉の前歯が折れたことで、
それが、姉の人生に影響を及ぼしていると思い、
ずっと責任を感じていた。
進なりの姉への贈り物。。。とは


お互いに、お互いの幸せを思う。


心の声が、ユニークで、
ホッコリあたたかい。






nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

まく子 西 加奈子 [作家な行]

まく子 (福音館の単行本)
著者: 西 加奈子
出版社: 福音館書店
価格: ¥ 1,620
発売日: 2016/02/25


「サラバ!」で、直木賞を受賞した西加奈子さん。
受賞後の作品です。


小さな温泉街。
小学5年生のぼくは、子どもから大人への、
微妙な時期だった。
周りの変化や、心の葛藤、
何もかもが中途半端で、もどかしかった。

突然村にやってきた母と子。
転校してきたコズエは、
とても美しく、不思議な雰囲気を持っていた。
純粋で真っ直ぐな目は、皆を引き付けた。

学校帰りに寄る城跡に、
いつしかコズエと2人で来るようになった。
石垣をほじくって石粒を思い切りまいた。
コズエもまいた。
幾度も幾度もまいた。
とても楽しそうだった。

コズエには、秘密があった。

人間や地球上のあらゆるものには、寿命があって、
やがて、朽ち果てていく。

広い宇宙からのメッセージ

ぼくは信じる。
ぼくたちは、信じ続ける。

目の前に起きたすべての事を。

その意味を。



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

和僑 楡周平 [作家な行]

和僑
著者: 楡周平
出版社: 祥伝社
価格: ¥ 1,728
発売日: 2015/10/08


プラチナタウン」の続編。

豊かな巨大定住型老人施設「プラチナタウン」

財政破たんから立ち直り、成功を収めた緑原町だったが、

今後は、人口減少、後継者不足等、

プラチナタウンの未来は、刻々と変化していくだろう。

商社マンだった山崎町長は、次なる策を考えていた。


日本人の繊細な技術、食文化、伝統

これらを広く外国へ浸透させていくことで、

地方経済の再生を図る、

まさに和僑である。


しかし、全ての人が山崎に賛成なわけではない。

保守的な考えで、昔の考えを貫こうとするものに、

町長の座を譲ってはならない。


またしても、山崎の妙案が光る。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

我が心の底の光 貫井徳郎 [作家な行]

我が心の底の光
著者: 貫井徳郎
出版社: 双葉社
価格: ¥ 1,620
発売日: 2015/01/21


母親の育児放棄によって死の淵を見た幼少期。

唯一の光だった子猫。

従弟の慎司にもらったこの子猫も、

飢餓により、徐々に衰弱し動かなくなった。

自分自身もやがて動けなくなった。


生き延びた先に待っていた人生は、

とても幸せとは言えなかった。

心の奥底に絶やさずに燃え続ける炎を糧に、

自分は生き続けていた。


大人になり、身を寄せていたラーメン屋の従弟の家を出て、

悪の道に進む。

不動産詐欺、ある女性を破滅へ追い込み、

そして、母を奪った男への復讐。


自分を支えていたのは、それだけだった。



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新釈にっぽん昔話 乃南アサ [作家な行]

新釈 にっぽん昔話
著者: 乃南アサ
出版社: 文藝春秋
価格: ¥ 1,782
発売日: 2013/11/14


「さるとかに」、「花咲かじじい」、「一寸法師

「三枚のお札」、「笠地蔵」、「犬と猫とうろこ玉」

日本に伝わる昔話。

こどもの頃から親しんできた有名どころが、

乃南氏によって、描かれた新釈むかしばなし。

基本の路線は守りつつ、

少し尾ひれのついた楽しいお話。

情景が頭に浮かぶように、

すーっと何気に入り込んでくる独特な世界観です。

肩の力を抜いて読めるそんな一冊です。



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

下戸は勘定に入れません 西澤保彦 [作家な行]

下戸は勘定に入れません
著者: 西澤保彦
出版社: 中央公論新社
価格: ¥ 1,728
発売日: 2014/05/23


ある条件が揃うと、酒の相手を道連れに、

タイムスリップしてしまう。。。


自殺願望がある古徳准教授。

酒の力で、日々紛らわせ、今日に至る。

昔の恋人との別れ、

同級生の早稲本の妻になった彼女、

その彼女とうり二つの娘。

何の巡りあわせか、早稲本の悩みを聞く羽目になった古徳。

酒も、かなり入った時、

目の前に現れたのは、27年前の夜の風景。

若かりし2人の姿が、そこにあった。

過去への、ワープ。


そんな、特異体質を持つ古徳は、

過去に、何度も戻るうちに、

様々な真実と向き合うことになる。




とても複雑な展開です。(^。^;)







nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

去年の冬、きみと別れ 中村文則 [作家な行]

去年の冬、きみと別れ
著者: 中村文則
出版社: 幻冬舎
価格: ¥ 1,404
発売日: 2013/09/26


猟奇殺人事件の被告の本を書くために、

死刑囚である彼に、面会に行く。

カメラマンだった彼は、究極の写真を撮るために、

2人の女性を焼死させた。

彼の生い立ち、彼と姉との関係、

普通ではない状態が、何を生み出したのか。


事件の真相を探っていくうちに、

とんでもない事実にたどり着いてしまう。


世の中には、猟奇的な心を持つ者が、大勢いる。

表面的には、わからなくでも、

一歩踏み込んでみると、恐ろしい側面が見えてくる。


愛が、捻じれた方向に進んだとき、

信じられない行動をとる。

自分を客観的に見ることができなくなり、

それに気づかない。



人間の恐ろしさが、静寂の中、

緊迫感と共に伝わってきます。





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

私に似た人 貫井徳郎 [作家な行]

私に似た人
著者: 貫井徳郎
出版社: 朝日新聞出版
価格: ¥ 1,944
発売日: 2014/04/08


今の社会の現実は、

好景気だった昔とは、まるで違う。

昔を経験した大人たちは、

今の若者の辛さは、決してわからない。

「皆が住み良い世の中を目指す」と声高々に言う政治家たち。

一向に、良くならない若者たちの就業状態。

行き場のない憤りは、どこにぶつければ良いのか。


厄介事に、見て見ぬふりをする人たち。

手を差し伸べる勇気、

本当の正義を貫いたあの人はもういない・・。

無秩序な社会に怒りを覚える。


小口テロ。

社会に対する宣戦布告。

行き場のない不満。

自らの命をなげうる「レジスタント」と化する。


関係ない人を巻き込んでまでも行うことに、

意味はあるのか。


小口テロを示唆する「トベ」

トベは新しい「トベ」を生み、

社会に対して不満を持つ若者たちを唆す。


どうすれば、断ち切れるのか。


好景気を知る大人たちは、固定観念を捨て、

貧困層の現実、若者の現実を、

しっかり把握し、見て見ぬふりをしない、

親身になって対処しなければ、

近い将来、社会は破滅しかねない。





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

舞台 西加奈子 [作家な行]

舞台
著者: 西加奈子
出版社: 講談社
価格: ¥ 1,512
発売日: 2014/01/10


自分はどうあるべきか。


他人の目に映る自分を意識するあまり、

常に演じ続け、

苦しみ続ける。


続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

妻が椎茸だったころ 中島京子 [作家な行]

妻が椎茸だったころ
著者: 中島京子
出版社: 講談社
価格: ¥ 1,365
発売日: 2013/11/22


小さいおうち」で、第143回直木賞を受賞した、

中島さんの小説です。

何とも奇怪なタイトルからもわかるとおり、

不思議な世界観を持った物語です。


突きつめたところの、心のよりどころが、

人であったり、花であったり、石であったり・・・。

そして、愛しく思うあまり、

自分が遠い昔、椎茸だった頃の事を想像する・・・。




「偏愛」の5つの短篇集です。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 作家な行 ブログトップ