So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
文学以外 ブログトップ
前の10件 | -

なんでそうなの 札幌のカラス 中村 眞樹子 [文学以外]


なんでそうなの 札幌のカラス

なんでそうなの 札幌のカラス

  • 作者: 中村 眞樹子(NPO法人札幌カラス研究会)
  • 出版社: 北海道新聞社
  • 発売日: 2017/10/14
  • メディア: 単行本



普段、当たり前のように身近にいるカラス。

時には、ゴミを荒らして怒られていたり、

子育て期には、人を威嚇したりで、

何かとお騒がせな鳥ですが、

この本を読んでからは、

見方がちょっとだけ変わりましたw


毎日歩く道で会うカラスですが、

2種類の見分けがつきました(*^^*)

スリムでくちばしも比較的細く、

地面をテクテク歩く「ハシボソカラス」

体格よろしく、くちばしも厚みがあり、

ピョンピョン飛び歩きする「ハシブトカラス」


秋に、クルミを車道に落とし、

車の進行を電線の上からじっと見張っていたのは

どっちだったのでしょう・・・

上手く割れたのでしょうか・・w

あのクルミを横取りしたら、恨まれるんだろうなー

なんて想像しながら、通り過ぎたワタシ。


カラスは、人の顔を覚えるそうです。

悪さをしたら、威嚇、攻撃され、

それを見ていた子ガラスも

引き継ぎ威嚇するらしいです。

すーっと威嚇し続けられるって、怖いですね。

なので、想像だけにしておきますヾ(^▽^*


ちなみに襲われそうになったら、

両腕を上げて、歩くと良いそうです。


カラスは目が良く、視力5.0~10.0、300m先まで見えます。

マヨネーズが好きなんだそうです。

鼻はあまりよろしい方じゃないので、

獲物は目でサーチ。


興味を持って観察すると、

とても面白いです。




nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:

デリカシー体操 ヨシタケシンスケ [文学以外]

ヨシタケシンスケ スケッチ集 デリカシー体操
著者: ヨシタケシンスケ
出版社: グラフィック社
価格: ¥ 1,296
発売日: 2016/03/07


ヨシタケさんいわく、
「日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集。」

まさに、頭に思い浮かんだものを、
メモするように描く。

実際、起きている事に対しても同様。

何気ないワンシーンも、
ヨシタケさんにかかれば、突き詰められ、
哲学的になっていく。

人間としての、生理的な面や理性、
どうしようもなく切ない時、
割り切らなければ、生きていけない人間の心情が、
画からひしひしと伝わってきます。

隠さずに見せることで、
ご自身が言われている「私は、メンタルがとても弱く、
ちょっとしたことですぐ心が折れる」
そういう多数の人たちに、
それでいいんだよと、
伝えてくれているのかもしれない。

心の根っこの部分は、
少なからず、みんな弱い部分を持っている。

共感してしまう私も、
メンタルは弱い方だと思う。





nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

しゃばけ漫画 仁吉の巻 佐助の巻 畠中恵/原作 [文学以外]

しゃばけ漫画 仁吉の巻 (新潮文庫 は 37-48)
原作: 畠中恵
漫画: 高橋留美子ほか
出版社: 新潮社
価格: ¥ 464
発売日: 2016/11/28


しゃばけ漫画 佐助の巻 (新潮文庫 は 37-49)
原作: 畠中恵
漫画: 萩尾望都ほか
出版社: 新潮社
価格: ¥ 464
発売日: 2016/11/28


しゃばけシリーズの原作を基に、
様々な漫画家さんのタッチで、
オリジナリティ溢れる物語が集められています。

ソフトタッチな画から、怪奇迫る画まで、
また、江戸の世から、現代までと、
時代背景も自由です。

原作の挿絵を描く柴田ゆうさんの、
かわいい4コマ漫画もあります(佐助の巻)


一風変わったしゃばけでございます。



nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ねないこはわたし せな けいこ [文学以外]

ねないこはわたし
著者: せな けいこ
出版社: 文藝春秋
価格: ¥ 1,566
発売日: 2016/07/13


せなけいこさんの自伝的絵本です。
絵本作家人生が、画と共に綴られています。

1969年「いやだいやだの絵本」4冊シリーズで
絵本作家デビュー。
貼り絵タイプの絵本で有名なせなさん。
中でも「あーんあんの絵本」4冊シリーズは、
問題放り投げ、そのあとは?と言うような自由奔放さが、
私は好きです。ヾ(@^▽^@)ノ

そんなせなさんは、
絵本を作るにあたって、
「ためになると思って描いたわけじゃない。
しつけの本でもない。」
とおっしゃっています。

こどもがおばけになっちゃう。

ただ、自分がおばけになって飛びたかった。

子どもの目線で、子どもが楽しい事を、
自分も一緒に感じたい。


純粋な好奇心は、子どもの心に強く響きます。



nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

じゃあ君が好き ヨシタケシンスケ [文学以外]

新装版 じゃあ君が好き
著者: ヨシタケシンスケ
出版社: 主婦と生活社
価格: ¥ 1,080
発売日: 2016/06/24


ヨシタケさんのゆるーいイラストとユニークな視点、
そして、内面が見え隠れする
少しディープな内容です。

ふとした日常、
なんでもない一コマ
でも、心の中は、人それぞれ。

顔は笑っていても、
心は・・・・。

生きやすくするための割り切り、理由付け。
表現することで、
過去の事を、客観視し、
一歩進む。

大丈夫。




「街を歩きながら

電車に乗りながら

体を洗いながら

おかしの袋を開けながら

くつ下をたたみながら

ふとんの中で右手を おでこにのせながら

思い出すこと

思いつくこと

描いておかないと きっと

すぐ忘れてしまう

小さい小さいこと

ああ。

今日も気になる。」 (著者あとがきより)

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「どうして私ばっかり」と思ったとき読む本 石原加受子 [文学以外]

「どうして私ばっかり」と思ったとき読む本 (PHP文庫)
著者: 石原加受子
出版社: PHP研究所
価格: ¥ 617
発売日: 2012/07/04


カウンセラー歴25年の石原さんの著書。

「いつも私ばっかり損している」と思っている方必見。

他者中心の人ほど、損している感が強い。

自分の気持ちに素直になって、

自分中心の習慣をつける事が、大事。

どう思われるかではなく、自分はどう思うか、

一呼吸おいて、返事をする。

こうしなければならない、こうすべきという観念にとらわれず、

心を自由にしてみると、

自然に心が楽になってくる。


損していると思うことは、こどもの頃からの、

親子関係に密接に関わっている。

何でも先回りして、こうすべきと指示され、

自由に意見が通らなかった子どもが大人になり、

他人とのかかわりで、悩む。

「良い子」を強いられて、親の顔色を見て判断してきた子ほど、

人知れず悩む。


でも、考え方を、他者中心がら自分中心に変えていけば、

心は自由になれる。

少しずつ、心のままに生きてみよう。

「損する」が「満足する」にきっと変わる。



nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

工藤ノリコBOOK 工藤ノリコ [文学以外]

工藤ノリコBOOK (玄光社MOOK)
著: 工藤ノリコ
出版社: 玄光社
価格: ¥ 1,944
発売日: 2014/08/30


「ノラネコぐんだん」や「ワンワンちゃん」「センシュちゃん」など、

数々の人気絵本を作り出している工藤さん。



デビュー15周年を記念して作られた、

まるごと工藤ノリコさんブック!

イラストがユニークで、絵本はもちろん

MOEに連載されている4コマ漫画の大ファンです。


ユーモアあふれる工藤さんのヒストリーが、

挿絵と共に描かれています。

ぶっ飛んだ感性で、様々なシリーズの絵本が生み出され、

今日、超売れっ子の作家さんです。


工藤さんいわく、

「一読して大爆笑!」というより、読んでいるとじわじわ面白くなって

最後にクスッと笑うような微妙なラインで。


まさに、そんな作品ばかりです。

マンガは、特に笑えます。


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

さかなのなみだ さかなクン [文学以外]

さかなのなみだ
著者: さかなクン
出版社: リヨン社
価格: ¥ 1,028
発売日: 2007/05


以前、キンスマスペシャルの番組内で知り、

本を手に取る機会があったので、改めて読み直しました。


いじめと向き合う本です。


「さかなの世界にもいじめがある」

狭い水槽の中で、一匹が攻撃されます。

その魚を違う水槽に移すと、今度は違う魚が標的になります。

理由なくいじめは繰り返されます。


さかなクンが、実際に中学校時代にいじめられている子を見て、

学校外に連れ出し、一緒に釣りをしたそうです。

ほっとしたその子の表情を見て、思いました。


外には楽しいことがたくさんある。

狭い世界だけに目を向けず、

広い空の下、広い海へ出てみよう。


長い人生の短い期間です。

辛いときは、広い外に出てみて。

きっと、ほっとすることが見つかるはずです。




(370 教育学)


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

角野栄子さんと子どもの本の話をしよう 角野栄子ほか [文学以外]

角野栄子さんと子どもの本の話をしよう
著者: 角野栄子・高楼方子・富安陽子
   荒井良二・金原瑞人・ひこ田中
   令丈ヒロ子・あべ弘士・穂村弘
出版社: 講談社
価格: ¥ 1,728
発売日: 2015/08/20


児童文学で有名な角野栄子さんとの鼎談。

4回開催されています。


まあ、みなさん、個性豊かです。

作品だけではわからない人間性だったり、

意外な一面を見ることが出来たり、

児童文学における個々人の考え方など、

生身の人間を、直に感じられる、そんな鼎談集です。



絵本は好きで、たくさん読んでいるのですが、

児童文学には、あまり馴染みがないので、

是非、色々読んでみたいと思いました。




nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

常識なんてにゃんセンス 人生を変えるニーチェの言葉 [文学以外]

常識なんてにゃんセンス 人生を変えるニーチェの言葉
出版社: 星雲社
価格: ¥ 1,188
発売日: 2015/02/28



以前、出版された「人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法」ではないですが、

こちらも、かわいらしい猫の写真が目を引きます。

哲学者ニーチェの言葉が、

わかりやすく書かれています。



人生の壁にぶち当たった時、

辛くて、苦しいとき、

何か違うと感じた時、

先人が残した言葉に目を向け、

今の自分を客観的に見つめなおす。


そこから見えてくる新しい面を、

ゆっくり考えてみる。


時には、立ち止まって、

時間を使うのも、大切なのではないか。


次の一歩を踏み出すために。








nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 文学以外 ブログトップ