So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

蜜蜂と遠雷 恩田陸 [作家あ行]

蜜蜂と遠雷
著者: 恩田陸
出版社: 幻冬舎
価格: ¥ 1,944
発売日: 2016/09/23


第156回直木賞、2017年本屋大賞、W受賞作品。

さすがです。凄いです。



臨場感あふれる突き抜けた空気感。

楽曲の背景に、広大な情景と、

高まりの先にある極地を見る。

選ばれた者たちの、与えられた使命。

繊細だが、大胆な、最高の音楽の解放。


芳ヶ江国際ピアノコンクール。

尊大なる音楽家ホフマンが送った「ギフト」は、

彼が一目置いた存在である「風間塵」。

各地を移動する養蜂家の子である。


かつての天才少女。

母の死後、ピアノから遠のいていた「栄伝亜夜」


完璧な技術、音楽性を持ち、

音楽の新しい未来を目指す「マサル・C・レヴィ・アナトール」


多くの天才コンテスタントが、第1次、第2次、第3次、

そして本選を争う壮絶な闘い。


音楽界を揺るがす存在を前に、

先人たちは、驚愕し戸惑う。

しかし、誰もが彼に惹かれ、引き込まれていく。


彼の演奏は、気弱になっていた亜夜に絶大な影響を与える。

演奏を通じて見える世界、

辿り着く音楽の極地の共有。

選ばれた者に課された音楽の伝承と、

これからの切り開く未来。


音楽界への挑戦状。

彼は、最高の「ギフト」と化す。



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0