So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

羊と鋼の森 宮下奈都 [作家ま行]

羊と鋼の森
著者: 宮下奈都
出版社: 文藝春秋
価格: ¥ 1,620
発売日: 2015/09/11


2016年本屋大賞受賞作品。

情景が目の前に浮かび上がる感覚で
物語に引き込まれます。


森の静謐さと生命の息吹、自然の力強さ、
研ぎ澄まされた音・・・。

音は、自然との対話・・・

森の中にいると、自由を感じる。

ある日、学校のピアノに調律師を案内した事がきっかけで、
平凡な僕に、未来への希望が見えた。

その調律師は、素晴らしかった。
いつか、いつか僕も、その音を作りたい。

調律師養成の学校で勉強をし、
あこがれの調律師である板鳥氏のいる江藤楽器就職した。

先輩の柳さんに付いて、調律を学ぶ。
様々な試練、挫折を繰り返す。

どうしたら上手くできるのだろう。

ある双子の女子高生のピアノの調律が、
後の僕の進むべく道を教えてくれた。

ピアノの個性を見つめ、
弾く人の特性を考慮し、
能力を発揮できるように、音を作り出す。


音は、奏でる者の心を浮かび上がらせる。




ピアノ演奏の素晴らしさを支える調律師。
音に対して、これほどまでに深く関わりあっているとは、
正直、知りませんでした。
私も、昔ピアノを習っていましたが、
ピアノに対しての強い思い入れはありませんでした。
何十年も調律されていない実家のピアノが
かわいそうになりました。(--,)





nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。