So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

八月は冷たい城 恩田陸 [作家あ行]

八月は冷たい城 (ミステリーランド)
著者: 恩田陸
出版社: 講談社
価格: ¥ 2,484
発売日: 2016/12/20


先日読んだ「七月に流れる花」と同時期の物語。

林間学校への招待状をもらった光彦。
みどりおとこへの不信感を持ちながらも、
列車を降りる。

光彦を含め男子4名、
いづれも自分の置かれた位置を心得ていた。

辿り着いた城で起こる出来事は、
皆を恐怖に陥れる。

首の折れた4つのひまわり
時折どこからか感じる視線、
そして、闇に潜む鎌を持つ影・・・。

誰か別な何かが潜んでいるのか。
それとも・・・。

3回の鐘の音と、お地蔵様。
それぞれの悲しみを経て、
明かされる衝撃な事実。


みどりおとこの正体は・・。

振り返らずに。

もう、夏は終わる。



nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。