So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

母性 湊かなえ [作家ま行]

母性
著者: 湊かなえ
出版社: 新潮社
価格: ¥ 1,470
発売日: 2012/10/31


「愛脳う限り」 あいあたうかぎり

「出来る限りの愛」ということでしょうか。



人間は、誰一人として、同じではない。

母に対する娘の想い。

娘に対する母の想い。


求める想いと、与える想い。


誰でも、自分を正当化し、

上手くいかない事は、他人のせいにしたがる。


心の平安、皆の幸せを、

願って生きているはずなのに、

心の奥では、自分の想いが大半を占め、

心と裏腹の言葉は、

見透かされてしまう。



母親の子ども、子どもの母親。

2つの立場にいる現在。

今ならわかる母の真意。

母も、私も、母性の観点からみると、

まだまだだなと、考えさせられた小説です。。



両親の愛を存分に与えられて生きてきた。

母の喜びは、私の喜び。

娘を持つ母親になった今でも、

母の存在が一番で、何物にも代えられない。

母は、孫である私の娘にも、

私同様に深い愛情を注ぐ。

娘の母に対する言動も、

母を落胆させるものであっては絶対ならない。

いつしか、母の愛が娘に向くのを

快く思っていなかったのかもしれない。


あの日が、決定的にした。


台風によって、母が寝る部屋は崩壊し、

母は、布団に潜り込んでいた娘を庇うように、

倒れた箪笥の間から話した言葉。


「わたしが助かるよりも、自分の命が未来に繋がっていく方が嬉しいの。だから」

私は、母しか見えていなかった。

母だけを助けるつもりだった。

そんな想いが、母には伝わり、

母は、自ら命を絶った。


そして、今、私の元には娘がいる。


母親とは、こうあるべきだ。

母から受けた愛情は、いつまでも私の心の中にあり、

母が居ない今も、母の面影を頼っている。

母親としての行動は出来るが、

愛情を、娘に与える事はなかった。




娘の自殺未遂。




気づき。



娘の姿、本当の心をみる事が出来た時、

そこからが母性のスタートなのかもしれない。



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1