So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

旅屋おかえり 原田マハ [作家は行]

旅屋おかえり
著者: 原田マハ
出版社: 集英社
価格: ¥ 1,470
発売日: 2012/04/26


売れないタレント、おかえりこと丘えりか。

「ちょびっ旅」という番組で、
全国各地を、紹介してきた。

ある時、スポンサーを言い間違えたことで、
番組は打ち切りになってしまった。

そんな中、番組を楽しみに見ていたという婦人から連絡が。


娘の為に、旅をしてきてもらえませんか?


旅先で出会う人たちは、
いつも、とても温かく、
景色に溶け込むような心地よさを与えてくれる。

時には、傷ついた心を癒し、
時には、元気パワーを与え、
時には、自分自身と向き合う場をくれる。

おかえりの目を通して語られる旅は、
見る者に感動を与える。

親子のわだかまりも、
心に響く風景と言葉で癒され、
いつしか打ち解けていければ・・・。


ある時、番組のスポンサーだった社長が、
個人的な旅を、依頼してきた。

番組復活のチャンスに、
意気込んでいたが、
その旅には、踏み込めない事情があった。


スポンサー社長の遠縁の女性とお墓参りに行くこと。

遠縁の女性は、
プロダクション事務所の社長の元妻だった。
社長がスカウトした元歌手。
愛娘を亡くし、離婚した。
決して許されない過去として、
封印していた事実が再び・・・。

ふかえりは、遠縁の女性に会いに行くも、
激しく拒否される。

しかし・・・・。


心落ち着く、懐かしい風景。

愛娘の手に乗った小さな紅葉

眠る地に導かれるように、足が向く。

頑なだった気持ちが緩む。



明るい道が、開けていく。



前向きな気持ちで、

ふかえりは、また旅に出る。



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。